スマートフォンの種類や機能、進化

スマートフォンの種類や機能、進化

PDA端末からスマホ

2003年ごろからスマートフォンというものはPDA端末に電話機能が付いたものという認識に変わっていきます。インターネット端末として使われる電話がPDA端末という認識があったことと同時に国内で販売されている携帯電話と差別化を図るためにこのような認識が定着したものです。新たな3G回線が誕生する前に使われてきたインターネットもできる電話がスマートフォンとされていたことから少しずつ電話は進化を見せていきます。

2000年前後にビジネスマンに向けてPDA端末は販売されており、当時ビジネスマンには支持をされてきました。そこから2005年にフルキーボードでペン先の圧力を感知するタッチパネル式、OSでWindows Mobileという現代のスマートフォンに近いモデルが誕生し、そこからスマートフォン市場が一気に変わっていきます。

2005年まではビジネスマンやデジタル商品に興味関心の高い人が使うものがスマートフォンという認識をされてきましたが、2006年以降から少しずつ大衆向けのものへと進化を遂げていきます。アプリによって利用者層を増やしたこと、タッチパネルで操作がしやすくなったこと、デザイン性が高いことからとても使い勝手がよくデジタル製品に詳しくない人でも使いやすいとして一気に今のような必須のアイテムへと進化したのです。